世界中の子供とサッカー

子供

現在サッカーは200を超える地域でプレイされており、世界で一番人気があるスポーツといえます。オリンピック・FIFAワールドカップで活躍する国の代表選手。各チームに所属する有名選手たちの姿を何らかのメディアを通して見ない日はありません。

当然彼らの活躍は世界中の子供たちの目にも輝かしいものに映っています。子供たちは彼らのようになりたい、彼らと同じ舞台に立ちたいとサッカーの練習を毎日送っています。サッカーは他のスポーツとは違いボール一つあれば一人でも多人数でも練習ができるので、世界中の貧富の差など関係なく楽しめます。

その夢を壊すようなプレイをしないために、選手たちは試合時にフェアプレイキッズと行進し、未来の子供たちへ夢を与えるアピールも行っています。またFIFAその他の団体は後進育成や人材発掘のためサッカーの大会を世界中で開いており、年齢別の国際大会も開かれているので、若い選手の育成へとつながっています。

世界中のサッカーボール

ボール

サッカーボールは世界で年間およそ2,000万個が生産されているといわれていますが、その大半はパキスタンのシアールコト(Sialkot)と呼ばれる人口約100万人の都市で生産されています。

シアールコトはパキスタンでは数少ない輸出産業が中心の都市で、サッカーボールに限らず、楽器や繊維製品、医療器具などいろんな工業製品の生産が行なわれています。この地がサッカーボールの生産地となった理由には諸説ありますが、生産に携わる労働者の賃金が安いことと、パキスタンがかつてイギリスの植民地だったことが主な理由といわれています。

サッカーの試合球の生産方法には大きく、手縫い、ミシン縫い、溶接の3種類がありますが、シアールコトはいずれにおいても主要生産地としての地位を維持しています。かつては家内生産が主流であり、ところによっては15歳以下の子供が生産に従事されられていましたが、1996年にILO(国際労働機関)に問題として指摘されるようになってからは方針の転換がすすめられ、現在では工場での生産が主流となっています。

https://www.ブックメーカーサッカー.コム/

ヘディング

世界のサッカー ヨーロッパ

ヨーロッパ

サッカーは世界中で愛されているスポーツで、各国の国内リーグは活況を呈しています。しかし、特に人気が高いのはヨーロッパ各国で開催されている国内リーグです。サッカーが文化として定着していて、サッカー選手はリスペクトされる存在です。そういった環境にあるため自然と優秀な選手が生まれ、ハイレベルなリーグになっているのです。

ヨーロッパサッカーの魅力は世界中に広まっています。南米やアジアの選手も自国リーグで活躍すると、ヨーロッパのリーグへ移籍することが目標になります。世界最高峰のリーグでプレイすることは選手としての誉れであり、また自分の実力を試す絶好の舞台でもあるからです。

現在は衛星放送やインターネット配信によって、どこにいても各国のリーグ戦が観戦できるようになっています。国によっては自国リーグよりもイングランドやスペイン、ドイツの国内リーグの方が人気が高いという逆転現象も起こっているほどになっているのです。

チーム